スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

出戻ります。

免許の併記が無事に済んだので、その足で教習所へ「大型二輪教習」の申し込みに行ってきました。

普通二輪で「停止時転倒のトラウマ」がなくなってから、バイクに乗るのが楽しくて楽しくて。
それでナナハンとか650ccのビッグスクーターにも乗ってみたいってのものあったし。
先生に相談したら「そのまま続けた方がいいよ」って言ってもらえたし、普通二輪だけではなんか物足りないってのがあったんですよね。

一応「出戻り」ですが、書類を書いたりとやることは前回とほぼ同じでした。

実は足が届くかが非常に気になっていたので、普通二輪の事前審査でお世話になった教官に同行してもらってCB750見てきました。そして跨ってみました。
今日はソールが薄くて硬いブーツだったので足つきがちょっと不安定だったんですが(滑りそうで)、サイドスタンド立てた状態で何とか片足のつま先はつきました。
シートの高さはあまり変わらないけど、幅があるぶん足が届きにくいのだそうです。
「教習の時はそんな靴で受けないから大丈夫でしょう」だって。

あと半クラッチの活用が多いらしく左手大変そうです。パワーがあるから制御するのも大変だそう。
クラッチ、私は手が大きいから「あのグローブ」さえあれば何とかなるかもしれないけど、今日は動いてるのを触ったワケじゃないから覚悟しとかないと。
「たぶん乗り出したら大型の方が乗りやすいと思うようになりますよ」って言ってました。
苦痛になるのか快楽になるのかは本人次第ってことね。

「引き起こしもやってみますか?」と聞かれましたが、明日の筋肉痛が怖いので丁重にお断りしてきました。

年内の入校はスケジュール的にきついので、来年の1月8日から入校となりました。

100均でグリップ買ってきて鍛えないと。

さあ152cmとCB750の対決が始まりますよ~乞うご期待!?
スポンサーサイト
| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

これで公道走れます。

免許センターに併記行ってきました。

更新の時みたいに古い免許は穴開けたらもらえるのかと思っていたら、「更新じゃないのでダメです」と言われてガックリ。

ま、前の免許より写真映りいいからヨシとしよう。
| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

普通二輪教習を振り返って

規定時間第1段階-9時間+第2段階-8時間=17時間のところ、第1段階で1時間+卒業検定不合格につき1時間=2時間の補習で卒業させてもらえました。

初日はシフトチェンジするのにギアの構造が頭に入ってなくて、セカンドに入れるのにシフトペダル踏みつけたり、Lに入れるのに蹴り上げてたりしてました。何速で走行してるのかなんて全くわかりません。
「本当に大丈夫ですか?」と指導員から心配されていたアラフォー女子。

2限目で停止するときにクラッチ放してしまって立ちゴケしてから、”停止時転倒の恐怖”に取り憑かれて3限目でついに補習。しか~し友人たちの暖かい支援により4限目で這い上がりました!

それから「恐怖心」はなくなりましたが、とにかく課題をクリアするのに必死であまり余裕のある教習とは言えませんでした。各課題1時間ずつたしね。
半クラッチは発進以外で殆ど使ってなかったなあ~ 使わなくても課題はクリアできてたみたいだし。

クランクや一本橋なんかは一発OKがもらえましたが、スラロームはやっぱり怖くてタイム不足気味でした。

急制動は最後の最後まで速度調整とシフトアップがうまくいかなくて困りました。おかげで卒検落ちるし。

ちなみに転倒は5回で済みました。アラフォー女子にしては上等??
 第1段階 2限目 立ちゴケ
 第1段階 3限目 立ちゴケ
 第1段階 3限目補習 立ちゴケ
 第1段階 8限目 立ちゴケ(坂道)
 第1段階 9限目 立ちゴケ(坂道)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第2回 卒業検定

今日はやっぱり2回目だからか、体調がいいからか、太鼓判もらったからかはわかりませんが、緊張MAX状態でないことは確か。

招集かかかるまではKARAのジャンピン聴いてテンション上げておきました。

やっとこさ呼ばれて二輪控え室へ。
今日の受検者は前回と同じ10名。
受検番号は1番希望だったのですが、今回は9番でした。
9番!! 前回は8番で「いわく付きの8だから嫌だ」と不吉な予感がしてならなかったのですが、今日は「幸運の9」です。
実は8番選んで落とした後はずっと9番選んでたんですよね。何となく幸先良し?

それに「今日は第1コースで走行します」だって!よっしゃー。

緊張してきたので持って来たアメ舐めながら、音楽聴いていました。そして今日は前回の教訓を活かして他の人のを見ないようにしました。

1番-完走。
2~3番-検定中止
4番-完走。
5~8番-検定中止
てな感じでボロボロ。

そしていよいよ私の番。
スタンド払って、後方確認して、乗って、ミラー合わせて、エンジンかけて、Lに入れて、左右後方確認して、指示器出してスタートしました。
すぐにセカンドに入れて直線も取りあえず30km/h出しました(サードに入れるのはやめといた)。
それから後方確認して坂道発進コースへ。途中でLに入れて停止。
今日はリラックスできてるので左右後方確認も忘れなかったし、低い回転数(3000くらい)でちゃんと発進できました。

それから踏切発進して、S字に入らないといけなかったのですが、うっかり右折体勢に入っていたようです。「S行ってや~」って聞こえてきて気づくのですが、頭の中で今日のテーマソングがヘビーローテーション中だったので落ち着けました。
「どうしようか?」って言われましたが、「西回りで元に戻ります~」と言ってもう一度戻ってきてS字へ。それからクランク抜けて一本橋へ。
今日は魔の一本橋だったけど、私は勝ったよ!!
それからスラローム。タイムは気になるけど、倒して検定中止の人がいたのでゆっくり行くことにしました。
無事に通過できました。タイムはどうでもいいや。それから見通し悪い交差点通っていよいよ急制動。

落ち着いてアクセル回してきました。
取りあえず計算どおり8mのラインより手前で停止できていたみたいでエンストもなし。
いつもの場所で42~3km/hしか出せてなかったので、ひょっとして「速度不足でやり直し来るかな~」って思っていたのですが、何も言われなかったので安全確認して発進。

最後の障害物をよけて発着点に戻って来れました。「うわっ走れたよ~」と心の中で小躍りしながら落ち着いてギアをNに入れて、エンジンオフ。後方確認してバイクから降りてスタンドを掛けて終了。
「お疲れ様でした」と聞こえてきたので控え室へ。

そして10番も完走して戻ってきました。

まもなく検定員の教官が入ってきてコメントを発表。
全員カーブが大回りぎみ、私と10番の男性は「スラロームのタイムが若干オーバーだったけどそれ以外は問題なく走行できていました」と言われました。

後はロビーで手続き等を待つよう言われたので待機。なんで速攻結果報告。

証明書費用払ったりとイロイロ手続きして、プチ卒業式(今後の手続きの流れの説明など)をして今日の検定は終了しました。

ひとまずお世話になりました。

ちなみに今日の合格率は40%。
超難関?だったようです。

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

卒検補習

急制動のことがずっと頭から離れずです。

今日も教官に話をアドバイスをもらうことができました。
やっぱり急制動コースの直前がカーブなので、私は躊躇してかなりゆっくり進入していたよう。
なので一昨日も聞いたように20km/hくらいで進入してそのまま加速するとよさそう
急制動コースの途中に隣のコースの速度指定の標識があるんですが、そのあたりで42~3km/hを目指したらいいみたいです。
「今日の指導員にもちゃんと言っておくから頑張ってね!」と言われました。

控え室に行く途中でもお世話になった教官たちとすれ違い。
「加速したまま停まったらあかんで!」って言われました。

今日の教官は1段階2限目でお世話になった女性教官(No.45指導員)。ホッ。

まずはウォーミングアップ。その時はアクセルきちんと戻してクラッチ切るを心がけました。
するとやはり変速時のギクシャクがなくなりました。
うん、今日は”バイクに乗せてもらってる感”もない~~。

それから急制動!
最初は速度を出す練習だけを重点にやりました。
それからブレーキ練習。ブレーキ操作は問題ないそうです。停まれてるって。
アドバイスどおりに加速しながらカーブに進入してそのままアクセル回したら、出ました!43km/h。
何回もやってたら(ほぼ)フルアクセルも抵抗なくなりました。

コース半分までに42~3km/hくらい出す→サードに入れる→パイロンを40km/hで通過できるよう減速状態(アクセル緩めながら)で走行<つまりは惰性走行>→パイロン通過でアクセル戻す→停止
という理想の走行ができるようになったのです!!!
そうするとメーターやパイロンを余裕で見ることができるようにも。

うわ~めっちゃ嬉しい!!
教官も「回数増えるごとにだんだんよくなってるよ」って言ってくれました。
(今日は他に急制動の人いなかったのでそれもよかったのですよ)

私の目線で「ココが停止線」と思って停止したら、そこは停止線の50cm手前なのだそうです。
私からギリギリに見えてるだけか~。
取りあえず30km/hの8mライン狙っとこ。

スラロームも7.4秒で通過できるので問題ないそう。初めてタイム知ったよ。

てなわけで「これなら卒業検定大丈夫ですよ!頑張ってください!」と太鼓判(?)いただきました。
うんうん、私が欲しかったのはコレよ。

なので卒検の申し込みして帰りました。
| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第1回 卒業検定

昨夜からやっぱり体調よくないし。
普段あまり緊張しないのに、昨日はあり得ないくらい緊張状態。
たぶん自信がないから。安全確認は注意すれば忘れないけど、急制動は太鼓判もらったわけじゃないしね。

そして臨んだ卒業検定。
名前を呼ばれて控え室へ。そこでイロイロ説明がありました。なんやろ、このどんよりした気分は。
今日は受検者が10人いるので、2班に分かれて時間差で2人ずつ検定するとのこと。
私は8番だったので3組目でした。
実はこのゼッケン番号の「8」っていうのがもの凄くイヤ。1段階で8番つけてて落とされて以来選ばないようにしてたんよ。不吉な予感が・・・。

ここの検定は管制塔から検定員が見るという方式です。検定員が後ろから張り付いてこないのでマシか。

いよいよ検定開始。
1番と6番は二人とも完走。
2番は完走、7番は検定中止
検定中止を目の前で見たので嫌な予感3倍増し。

そして3番と8番(私)
乗車は問題なかったと思うのですが、発進しようとしたらギアNのまんまだったし(慌ててLへ)、坂道発進で1エンスト。すぐに復帰したのですがその時点で頭が真っ白になってしまい後方確認忘れて発進。
さらにコース間違いを指摘され復帰。他は大丈夫だったんだと思うけど(1本橋8秒くらいしか知らない)、なんかテンションがあがらない、っていうか下がりっぱなし。

そして迎えた急制動。
セカンドで40km/hまで引っ張れる自信がないので、「もういいわ」と思ってサードに入れて加速。
パイロン通過の時点で「こりゃああかん」と思ったら、やっぱり車輪1個分オーバーラン。
「おきごんどうさん、停止線越えで検定中止です。ちょっと出し過ぎましたね。外周回って発着点行ってください」と教官からの声。
かなしいので、控え室の前は手を振りながら通り過ぎたよ。

そしてやはり魔物は潜んでいました。

4番は検定中止、9番は完走。
5番は検定中止、10番は完走。

検定員が控え室に来て「中止になった人は補習の予約を入れて帰ってください」と言われました。
「おきごんどうさん、残念でしたね~。あの速度で止まれてたら間違いなく転倒してましたよ」と言われました。「もともとできてなかったので仕方ないです」としかコメできず。
なので早速木曜に補習入れて、土曜の検定仮予約入れてきました。

時間余ってたので急制動のレクチャーを受けに指導員室行ってきました。
そこで1つ新しい発見「カーブは20km/hくらいで入ってきた方が後の加速につながる」らしい。他の加速方法は私が専属(?)教官から聞いていた通りでいいようですが、「アクセル戻してクラッチがうまくいってない可能性大」とも言っていました。なるほど。
「1回走ったから次は大丈夫ですよ」って励まされました。

なんか検定落ちてスッキリした。憑き物取れたのかも。
それにたぶん今日受かってたとしても急制動のモヤモヤが晴れないのでスッキリしてないと思う。
でも「急制動決まってたら受かってたで」って言われてもなあ・・・取りあえず最後まで走らせてもらえただけマシか。

ちなみに関係者情報によると、普段は合格率80%以上なのだそうですが本日は60%。
落ちたのがこんな日でよかったと思うよりほかありません。
| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第2段階 8限目

2時間レクチャーの後の実車はきついなあ。
実は土日、体調崩してたので1限目の教習前に自販機で買ったリポビタン飲んで臨んでみたけど心なしか体中がだるい。

この時間もお初の教官(No.15指導員)。
ウォーミングアップはまずセカンドであちこちグルグル回って、それからLで8の字の中回ったり一本橋渡ったりしてました。
調子いいと思ってたのに「もっと半クラッチ使って!」といきなりダメ出し。
それと「低速で停止の時は先にクラッチ切ってからブレーキ!カックンってなるからね」とまたまたダメ出し。
なんかテンションさがってきたー。
いつもは言われないのに「足開き気味~ つま先開いてる!」とか言われるし。

それから「卒検は第2コース使わないから、第1コース走ってて~」と言われ、各自のコース走行をしたのですが、「安全確認忘れてる!」「指示器遅い!」「指示器消し忘れてる!」とダメ出しだらけ。

「うるさい教官やなあ」と最初はイライラしていたのですが、よく考えてみると今まであたった教官があまりにも何も言わなかったのかもしれないと思えてきた。
何せわりかし放牧状態多かったので。
だからこの教官は当たり前のことを言ってるのだと思えるようになった。何しろ検定員のようだし。
何周か回って少しは改善されたと思いきや、今度は急制動が全然うまく行きません。
勘がつかめないまま進入、速度が出せず挙げ句の果てに禁断のオーバーラン。3速に急いで入れすぎておかしくなるし、もう最悪です。なんかしんどいし。
もう一回急制動やりたかったけど、時間がなくて控え室に戻りました。

「おきごんどうさん、明日の卒検、ど・う・し・ま・す・か?」と意味深に聞かれたので、「受けます!受けさせてください!」って思わず言ってしまったよ。トホホ。

ちなみに今日よかったことは、クラッチ使って一本橋渡ったら10秒台出た、くらいかな?
あと増設した靴の中敷き抜いとこ。これが原因で勘が狂うのかもしれんし。

【本日の項目】
1.路上運転に当たっての注意と法規走行
2.通行区分など
3.走行ポジションと進路変更
4.交差点の通行(直進)
5.交差点の通行(右折)
6.交差点の通行(左折)
7.見通しの悪い交差点の通行など
8.安全な速度と車間距離
9.カーブの安全走行
10.カーブの体感走行
11.急制動
12.回避
13.ケース・スタディ(交差点)
14.交通の状況および道路環境に応じた運転
15.危険を予測した運転
16.高度なバランス走行など
17.教習効果の確認(みきわめ)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第2段階 7限目

本日第1弾はシュミレーターと学科のセット教習。

今日は珍しくお初の教官(No.59指導員)。
内容は殆ど5限目のシュミレーターでやった内容と同じなので復習みたいな感じですね。
危険を予測しての走行でした。
あっという間に終わりました。

時間余ったので殆ど卒検に向けての質問攻めになりました。
坂道発進は坂道進入の時点でL可。長い直線はなるべくサードで30km/h出す。

【本日の項目】
1.路上運転に当たっての注意と法規走行
2.通行区分など
3.走行ポジションと進路変更
4.交差点の通行(直進)
5.交差点の通行(右折)
6.交差点の通行(左折)
7.見通しの悪い交差点の通行など
8.安全な速度と車間距離
9.カーブの安全走行
10.カーブの体感走行
11.急制動
12.回避
13.ケース・スタディ(交差点)
14.交通の状況および道路環境に応じた運転
15.危険を予測した運転
16.高度なバランス走行など
17.教習効果の確認(みきわめ)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第2段階 6限目

今日はあいにくの雨。カッパ持参で出発です。
それと今日は教習用のスニーカーに中敷きもう一枚追加してみました。足つきよくなるかな?

初「雨練習」なのでイマイチ要領がわかってなかったんですが、プロテクターつけた上からカッパ着るみたいです。プロテクターとか濡れないようにするためね。きっと。

今日は一昨日と同じ教官(No.34指導員)です。ひょっとして私の専属になったとか?
雨なので外周を2周回ってからコースを回りました。
コースがでこぼこであちこちに水たまりがあるので、通過するときに靴がびしょびしょになって寒かったです~。雨ならブーツかやっぱり。

私は急制動と回避なのですが、大型二輪にも回避の人がいるのでそっちの教官が一緒に見てくれることになりました。
最初は教官のを見るのですが、バイクに跨ったまま長時間後ろを向いてるのは辛いので(転ぶかもしんないし)、教官の許可をもらって降りて見ることにしました。
肉眼で30km/hを見てたけどやっぱりそれほど早くないなあ。コース短いからあれは運転者だけに感じる錯覚だなあ。と思えば40km/hに対する緊張も薄れてきた。

その次は自分たちがやります。「30km/hで入ってきて取りあえず好きな方向に回避して停まって~」と言われてコースINしたのですが、右に回避して停まったところで「ちょっと出し過ぎ~」と言われてしまいました。ああ40km/hへの焦りが・・・
次に赤が出たら右、緑が出たら左に回避するのですが私は左に回避だったような・・・取りあえず○はもらえました。

それから本日メインの急制動。本来の教官へバトンタッチ。
本来の教官が回避の教官に「回避いけてました?」と聞いていました。スピードオーバー以外は大丈夫ですって!
先に「雨やから14mで停まっていいからね」と言われました。
1回目、雨で靴がつるんと滑ってギアチェンジし損ね速度不足。
2回目、いいけどクラッチ切るの早すぎ。「自転車のクセがうっかり・・・」と言い訳してみましたが、「エンストしてもいいから一番最後に切って」と念を押される。
3回目、なんか良い感じ。→OKもらいました。
8m(30km/h急制動用)と11mのラインの間くらいで停止できそうです。
一応8m目指しとかないと、最初から11m狙いだったら万が一オーバーってことがあっても困るしね。

それとやっぱり、「発進の時にやや恐々に見える」と言われました。「エンスト怖いん?」って聞かれましたが、私が一番怖いのはギア抜けによる立ちゴケです。
ほんと、ササッとステップに脚乗せなくちゃ。

【本日の項目】
1.路上運転に当たっての注意と法規走行
2.通行区分など
3.走行ポジションと進路変更
4.交差点の通行(直進)
5.交差点の通行(右折)
6.交差点の通行(左折)
7.見通しの悪い交差点の通行など
8.安全な速度と車間距離
9.カーブの安全走行
10.カーブの体感走行
11.急制動
12.回避

13.ケース・スタディ(交差点)
14.交通の状況および道路環境に応じた運転
15.危険を予測した運転
16.高度なバランス走行など
17.教習効果の確認(みきわめ)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第2段階 5限目

本日はシュミレーター。
今日もNo.34指導員。もう4回目ですね。

今日はカーブの走行をやるのですが、80km/hでR100、R80、R60、R40を曲がります。
最初に教官が模範(?)走行を見せてくれました。実は教官のを見るのは初めて。
聞いてたとおりR40でガードレールに激突して転倒していました。
次は私の番だったのですが、展開は教官と同じ。もう一人の人はR60でアウトでした。

実は私、1段階のシュミレーター教習でこの走行を経験しているのです。だから2回目。出来て当たり前?
ほとんどの場合1段階では60km/hくらいでやってるんだって。
私が降りるとき、ハンドルが歪んでたので力任せで元に戻したらプログラムが変になってマシンを再起動しなくてはいけなくなってしまいました。
「ハンドルは勝手に戻るからさわらなくていいよ」と言われましたが、壊れてないか心配でした。

その後は80km/hで濡れた路面走行&途中でブレーキ。見事に転倒です。
でも教官の思ったとおりに転ばなかったんだって。教官はマシンがシュルシュルと横滑りしていって欲しかったみたい。

それからは危険予知。
日頃運転してるので、それと同じ感覚で危なそうな所に気をつけて運転していったら事故は起きませんでした。おもしろくない生徒かも。
Sさんは最後に車の側面に激突していました。

シュミレーターでカーブとか走るのは好きだけど、市街地走行は苦手です~。

【本日の項目】
1.路上運転に当たっての注意と法規走行
2.通行区分など
3.走行ポジションと進路変更
4.交差点の通行(直進)
5.交差点の通行(右折)
6.交差点の通行(左折)
7.見通しの悪い交差点の通行など
8.安全な速度と車間距離
9.カーブの安全走行
10.カーブの体感走行
11.急制動
12.回避

13.ケース・スタディ(交差点)
14.交通の状況および道路環境に応じた運転
15.危険を予測した運転
16.高度なバランス走行など
17.教習効果の確認(みきわめ)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

おきごんどう

Author:おきごんどう
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
小忍者出動記 (40)
日々徒然 (60)
普通二輪教習 (26)
バイクネタ (10)
大型二輪教習 (17)
小忍者グッズ・いじり系 (11)
小忍者情報 (3)
小忍者燃費 (2)
バイクグッズ (9)
バイク維持費 (4)
小忍者 (4)
バイクイベント (2)
マジェくんグッズ・いじり系 (6)
マジェくん (6)
マジェくん出動記 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。