スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

第2段階 2限目

腕はナントカ復活。首もバイク乗るのには支障ないくらい回るようになったので湿布貼って出動です!

今日から憧れの青ゼッケンですよ!ワクワクドキドキ。

今日の教官は一本橋&スラロームで2時間お世話になった教官(No.34指導員)。で、メンバーは3人とも同じ項目(四輪コース走行)なので合同練習です。

「コース覚えてきた?」と聞かれたので、「コース図は見てるんですけど実際走ってみないと掴めない」と言うと、お決まりですが教官先導で走ることに。

ウォーミングアップして四輪コースに乱入。広いなあ。
「四輪の人は免許持ってないので、こちらが臨機応変に対応してくださね。追い抜きは禁止ですよ!」と念を押されました。
ついて行くのに必死で時折指示器忘れる。長い直線で「40km/h出して~」と言われたのでやってみる。
40km/hの先がカーブになってるので、サードのまんまカーブ曲がっちゃった。
もう少し手前で減速してシフトダウンしないとね。
踏切通過も坂道発進もOK。

4周くらいコースをグルグル回ったら二輪コースへ戻りました。

それから40km/h急制動の練習。
Lで発進してセカンド、カーブ抜ける手前から加速。そのまま一気に40km/hまで上げてキープしてからサード、パイロンでアクセル戻す、ブレーキ(前→後)。がポイントのようです。
ちょっとサードに入れるのが早すぎるという注意を受けたので次回頑張らないと。
(サードに入れてから40km/hに持って行くとしんどいらしいです)
あとブレーキを握るときに人差し指がブレーキとアクセルの間に入っているのでやめるようにと言われました。
意識はしてるはずなのに無意識に抜けてるな。今度からは絶対にしません!!

そして今日は無転倒・無エンストで頑張りました。誰か褒めてくださ~い!!!

【本日の項目】
1.路上運転に当たっての注意と法規走行
2.通行区分など
3.走行ポジションと進路変更
4.交差点の通行(直進)
5.交差点の通行(右折)
6.交差点の通行(左折)
7.見通しの悪い交差点の通行など

8.安全な速度と車間距離
9.カーブの安全走行
10.カーブの体感走行
11.急制動
12.回避
13.ケース・スタディ(交差点)
14.交通の状況および道路環境に応じた運転
15.危険を予測した運転
16.高度なバランス走行など
17.教習効果の確認(みきわめ)

スポンサーサイト
| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第2段階 1限目

昨日立ちゴケからの復帰の際、火事場の馬鹿力でバイクを起こしていたようで、本日右首筋と左上腕部の筋痛い。

今日は「これをやらないと実車乗せてくれない」の、シュミレーター教習。
担当はNo.18指導員。メンバーは私を入れて3人です。

「昨日、転倒して誰も来てくれないから自力でバイク起こしたら首痛くなった」っていう話を教官にしたら、「もうみきわめやから自分でどうにかして当たり前ですねー」って言われました。

今日のシュミレーターは市街地を走るという想定です。私はラストにやりました。
前の2人がやってるのを見て「うわーっ、ひっどい曲がり方」「めっちゃ下手くそやん」と思いながら見ていたのですが、いざ自分がやってみると「一旦停止忘れる」「ブレーキ遅くて前のトラックにオカマ」「右折確認不足で乗用車の側部に激突」「思いっきり道間違えて振り出しに戻る」などと、前の2人よりもえげつない走行をしていました。

走り終わってから自分たちの走行の様子を見せてもらいながら注意などを受けるのですが、明らかに私が一番酷い運転です。

「シュミレーターはやりにくくて当たり前ですから、これに慣れなくていいんですよ~、こういうことを想定して運転して欲しいんですから」ということで、2段階1回目のシュミレーター教習が終わりました。


【本日の項目】
1.路上運転に当たっての注意と法規走行
2.通行区分など
3.走行ポジションと進路変更
4.交差点の通行(直進)
5.交差点の通行(右折)
6.交差点の通行(左折)
7.見通しの悪い交差点の通行など
8.安全な速度と車間距離
9.カーブの安全走行
10.カーブの体感走行
11.急制動
12.回避
13.ケース・スタディ(交差点)
14.交通の状況および道路環境に応じた運転
15.危険を予測した運転
16.高度なバランス走行など
17.教習効果の確認(みきわめ)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第1段階 9限目

ついに第1段階みきわめっす。
コースを覚えてちゃんと走れていればいいそうだけど、緊張する~。

今日の普通2輪は私を入れて3人。一昨日のシュミレーターの教官(No.25指導員)でした。

私以外の2人は一本橋だから一応私が一番先輩ってことになるのか。
入校して2週間でそうなるのだから早いなあ~。私もエラくなったもんだ。
「バイクが足りないから、今日はおきごんどうさん青(新しい=第2段階用)乗って~」と言われて小躍り。
でも跨ってみて「新しいバイクの方が足届きにくいやん!!」と目からウロコな発見。新しいからサスペンションがへたってないのかも。ひょっとしてこっちはアンコ抜き少なめ?

そしてみんなの先導を走らないといけなくなりました。つまりみんなに見られる。
2~3周外周走ったあとはそれぞれの項目へ。「おきごんどうさんはコース走行しといてくださいね」と言われました。
いつもコース走行の前に違うことやるので忘れるのですが、今日はやっと覚えた通りに走れます。

坂道発進は自信満々で臨んだのですが、マシンが変わったので勘がちょっと狂いました。
そして「ガシャン」と派手に転倒。誰もいないし来てくれそうにないので自分でどうにかしないといけません。
幸い転倒したのが左側だったので「なんとかなるわ」と確信。右は苦手です。
まずエンジンを切りました。それから「よっこいしょ」と起こす。
それから押してみたのですが、動かないので慌ててNに入れてみる。
そしたら動いたので坂道のてっぺんに持ってってサイドスタンドかけました。
丁度そのころ教官到着。坂の下まで押していってくれました。ひょっとして転倒後にどうするのかをチェックされてたのかもしれません。

それからは気を取り直して普通にコース走行続行。
スラロームも今日は風があまり強くなかったのと少し厚着で行ったのが幸いしてか、あまり上半身が硬くならずスムースに抜けられました。パイロンにも接触しなかったし。
出てきたところで教官から「今のんやったら8秒いけてるわ」と言っていただけました。
実際は何秒だったのか計測してないので気にはなりますが、いいのでしょう。いいんですよね?

それからも何周かコースをぐるぐる走行してると皆が控え室の方へ帰って行きました。
「おきごんどうさんも外周走って戻ってきて」と言われたので戻りました。

結果「次からは2段階ですからね」と言われ無事に1段階終了しました。イエーイ!

【本日の項目】
1.車の取扱い
2.自動車の機構と運転装置の取扱い
3.運転姿勢
4.ブレーキ操作の仕方
5.発進及び停止の仕方
6.変速操作の仕方
7.安全走行
8.円滑な発進・加速
9.速度の調節
10.ブレーキ操作
11.バランスのとり方(直線)
12.バランスのとり方(曲線)
13.車両特性を踏まえた運転14.坂道の通過
15.坂道における停止及び発進
16.オートマチック車の運転
17.教習効果の確認(みきわめ)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第1段階 8限目

シュミレータに引き続き実車。今日は寒いです~。時折雹みたいなんもパラパラ。

控え室に行っても誰もいてない。
入ってきたのはNo.32指導員1人(あ、お初です)で、「あれ?もう一人来てませんね~」とフロントに電話。
すると「欠席」とのこと。

ひゃっほーい!マンツーマンやん!!
おまけに他の受講生がいないのでコース貸し切り!! イエーイ!!
なんてことを言ってる場合ではありません。

「先生、スラロームでタイムが出ないので練習させてください」とリクエスト。
「どのくらいですか?」と聞かれたので「1回だけ7.8秒だったから通してもらったんですが、だいたい8.6秒とかなんです」と言うと、「じゃあ練習しましょう」と。

まずはウォーミングアップして(貸し切りなので指示器も出さずに走り放題)、それから今日の課題「坂道通過・発進」に行きます。坂道コースに入る前に左の指示器を出してコースイン。

それから坂道の途中で停止してLに。
リアブレーキでしっかり停止して、クラッチを切る。そしてアクセルを回してエンジンの回転数をあげて半クラッチ。車体が前に進もうと乗り出してきたらリアブレーキの解除。

がきちんとできればちゃんと登れます。登り切るまでクラッチ油断大敵です。
登り切る前に油断してクラッチを放すと「ぶわっ」って飛び出してエンストします。
危ないので気をつけないと。
そして下りはクラッチを完全に放してエンブレ。ブレーキで調整。

自動車教習(MT)の時のこと思い出しました。
なので坂道はOKもらえました。でもクラッチを放してしまったので(でも向かい風の影響も若干あり、としとこ)で1度だけコケてしまいました。

それからスラローム。
どうも上半身に力が入りすぎてるみたいで、8.2秒から伸びません。
アクセルワークもぎくしゃくしてるんよね。
どうしたら伸びるかな。何とかしないと。力入れすぎてるせいで肩や腕がパンパンです。
今日は寒いし向かい風があったのでいつもより余計に力入ってました。

最悪、スラロームでタイムが出なくても他で点を稼ぐという方法もないわけではなさそうだけど、それはなるべく避けたい。

【本日の項目】
1.車の取扱い
2.自動車の機構と運転装置の取扱い
3.運転姿勢
4.ブレーキ操作の仕方
5.発進及び停止の仕方
6.変速操作の仕方
7.安全走行
8.円滑な発進・加速
9.速度の調節
10.ブレーキ操作
11.バランスのとり方(直線)
12.バランスのとり方(曲線)
13.車両特性を踏まえた運転
14.坂道の通過
15.坂道における停止及び発進

16.オートマチック車の運転
17.教習効果の確認(みきわめ)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第1段階 7限目

AT教習が終わると次はシュミレータ。担当はNo.25指導員。

ネット情報によるとシュミレータは一台3000万とかって出ていたのですが、ココの教習所のは1000万くらいだそうです。
ホンダやカワサキ製ので、3D対応とかってなってくると3000万は下らないそう。
そして長時間乗れないくらい酔うのだそう。

今日のはたぶんコレ↓
http://www.mpcnet.co.jp/product/simulation/searchpurpose/training/rs6000.html
WindowsXPで動いていました。

まずは普通に走行。画面に慣れなくてどこ走ってるのかよくわからん。
交差点も「にゅう~」って出てくるのでなんか気持ち悪かったです。
変速したら「ガコン」って音なるし。ブレーキもカックンカックンやし。
でもよくできてますね。

その後は「乾いた路面」「濡れた路面」「砂利道」での急制動。
なんか、ブレーキが効いた感覚がないのでかけたのかかけてないのかよくわからず、フロントとリアのブレーキ比が0:100とかって出てた。
「こんなん普通の道やったらタイヤロックして絶対飛ばされますねー」って言いながら和気藹々やってました。

そして80km/hでカーブを曲がる練習。
R80とR60はニーグリップ活用でうまく曲がれました。
でも次のR40でガードレールに激突して転倒。
実はR40は誰にも曲がれないようプログラミングされていて、側壁かガードレールに激突して事故が起きるようになっているそうです。
(プロでも曲がれないのだそう)

なんやかんやとやってたらあっという間に終了時間。
「ま、”こういうことに気をつけてください”の教習ですから、ちゃんと覚えておいてください」と締めくくっておしまい。

【本日の項目】
1.車の取扱い
2.自動車の機構と運転装置の取扱い
3.運転姿勢
4.ブレーキ操作の仕方
5.発進及び停止の仕方
6.変速操作の仕方
7.安全走行
8.円滑な発進・加速
9.速度の調節
10.ブレーキ操作
11.バランスのとり方(直線)
12.バランスのとり方(曲線)
13.車両特性を踏まえた運転
14.坂道の通過
15.坂道における停止及び発進

16.オートマチック車の運転
17.教習効果の確認(みきわめ)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第1段階 6限目

今日もお初の教官(No.57指導員)。

そして、乗ってきたぜい~ ビッグスクーター!!イエイイエイ!
「今日は”ATの体験”ですからゆっくりやってくださって結構ですよ~」と教官が言っていたのでリラックスして臨めました。落とされないしね。

スズキのスカイウェイブって書いてたから、たぶんこれだと思います。
http://www1.suzuki.co.jp/motor/an400sal1/ypa.htm

車体重量250kgくらいかなって言ってたけど、スペック見たら223kgだった。
ちなみにMT教習で使ってるのは、ホンダCB400(だと思う)
http://www.honda.co.jp/CB400SF/color/
実際真横で見てみるととにかく長い!!そして太い!!
背もたれになる部分でドライビングポジションを調整するのですが、私は当然一番前まで持ってこないといけませんでした。一番前に持って来てもまだ遠いかも。
足も届くか心配でしたが、スタンドから出すとどうにか届きました。
ちなみに足を乗せておく場所ですが、一番奥の反り返ってる部分には届きません。
なので原付のように乗るしかありませんでした。

あと教官が「もし転倒しそうになったら絶対に踏ん張らないでバイク捨てて逃げてください。下敷きになったらダメージ大きいですから」と言ってたのも気になります。

アクセルも「軽く回すだけでは発進しない」と言っていたのですが、その通りでした。
ちょっと回していかないと動かないんですね。でもコツがわかるとスムースに発進できました。
原付乗る感覚で乗れると思っていたのですが、ホイールベース長いし車体が重いので最初はコーナーでの感覚が掴めませんでした。左折思いっきり膨らみまくり。
ニーグリップが膝でなく、ふくらはぎになるのでやりにくいです。
教習車だけだと思うけど、リヤブレーキかけるとキュッキュキュッキュうるさいし。
でも停止の時にLに入れなくていいのと、発進後すぐにギアチェンジしなくていいのは楽かも。エンストしないし。

ちょっと乗れるようになったら他の項目も実施。一本橋は感覚わからず(前が見えないので)最初は落ちた。でも2回目からはOK。規定時間でも乗れました。8の字、S字クランク、屈曲クランクも目線のポイントがわかればスムースに通過できるようになりました。

ついでに昨日の難所だったスラロームにも行ってみました(昨日の復習かねて)。一応走れたのでよかった。
車幅感覚のポールにも接触せずに通過できましたよん。ほんま大きいスクーター。
ビッグスクーターってこんな乗り物なんですね~。

【本日の項目】
1.車の取扱い
2.自動車の機構と運転装置の取扱い
3.運転姿勢
4.ブレーキ操作の仕方
5.発進及び停止の仕方
6.変速操作の仕方
7.安全走行
8.円滑な発進・加速
9.速度の調節
10.ブレーキ操作
11.バランスのとり方(直線)
12.バランスのとり方(曲線)
13.車両特性を踏まえた運転
14.坂道の通過
15.坂道における停止及び発進

16.オートマチック車の運転
17.教習効果の確認(みきわめ)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第1段階 5限目

引き続き実車。前半戦で調子がよかったのでノリノリ。

教官はまず一本橋の人に説明をするので他の2人はウォーミングアップ。

ウォーミングアップの時に一本橋の通過もあったのですが、一本橋の手前で渋滞してたので大回りしようとしたら、縁石にぶつかりそうになりました。なので寸止め。教官の救出を待ちました。
今日の「どんくさい」ってこのくらいかも。

8の字はクラッチを使ってはいけないのですが(アクセルと後輪ブレーキのみ)、S字クランクと屈曲クランクは後輪ブレーキ+クラッチOKだそう。でもクラッチはあんまり使ってない気がするなあ。
取りあえずそれなりにスピード落として入れば抜けられんことはなさそう。とか思っていたら2~3回走って終わり。
S字と8の字は2、屈曲クランクはLで走行!!

そしてついにスラローム!!
正直ちょっと怖かったのですがやっぱり怖い~っ。警察24時の新米白バイ隊がやってるアレをやるわけです。

1回目はハンドル切り損ねて正面から一番最後のパイロンに激突。そのままパイロンをなぎ倒して踏みつけて行ってしまいました。
「すごいことやってたなあ」と呆れられましたわ。
ここは8秒以内で通過しないといけないので、一本橋の「以上」より難しいです。
何回やっても9.3秒とかばっかり。それでやっと8.6秒。
「もう少しサッと入って、あまり大きく車体を振らない。そしてサッと出たら稼げる」と言われて実践。
ようやく7.8秒。
「あとはもう少しアクセル上手く使いや~」と言われました。
やっぱりニーグリップと目線は大事だなあ、と改めて実感。

ちょっと危うかったけど、詰め所で教官が「おきごんどうさん、次オートマです」と予約係に連絡を入れていたので、ちょっと小躍り。
ハイ、なんとか合格いただきました。

【本日の項目】
1.車の取扱い
2.自動車の機構と運転装置の取扱い
3.運転姿勢
4.ブレーキ操作の仕方
5.発進及び停止の仕方
6.変速操作の仕方
7.安全走行
8.円滑な発進・加速
9.速度の調節
10.ブレーキ操作
11.バランスのとり方(直線)
12.バランスのとり方(曲線)
13.車両特性を踏まえた運転
14.坂道の通過
15.坂道における停止及び発進
16.オートマチック車の運転
17.教習効果の確認(みきわめ)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第1段階 4限目

金・土・日とお休みして4日ぶりです。
休みの間はプレッシャーから解放されていたのですが、やはり昨日の夜からソワソワ。
だって2時間連続なので、コース2種類覚えないといけないし。

教習所について配車券を出すと、2時間ともNo.34指導員でした。お初の教官だけどどんな教官かな?

今日は一本橋から。
Lで通過するのですが、通過タイム7秒以上。
実は一本橋とは「道路の白線くらいの太さの道」と思っていたので、側溝の蓋くらいあると知って「よっしゃあ」と思ったというのはココだけの話。
まず、感覚をつかもうとテキトーに乗ってみたら落ちました。でもそれでどのあたりから走れば乗れるかが掴めました。
それから2回目。自分のカンを信じて乗ったら無事に通過できました。
教官が「おきごんどうさん、今のんやったら絶対OKやわ。次はタイムはかるから右通って!」と褒めてもらえました!よっしゃー!!
そしてタイムを計ってみると、出ました8秒台!!!
一度だけ目線がずれて落ちましたが、後はバッチリです。
たぶん、乗っかるときの衝撃を「怖い物」と感じなければ大丈夫なのです。
「よっこいしょ」と乗っかれさえすれば、あとはバランス調整してる間に渡りきれます。

落ちない・タイムOKとなると、今度は欲が出てきて「次はもっとゆっくり行ったろ~」とタイム計るのが楽しくなってしまいました。
後輪ブレーキ使ってゆっくりゆっくり。するとまたまた記録更新の9.6秒。教官にバッチリ褒めていただきました。
車体が橋の上に上がったら後輪ブレーキを小刻みに使って速度調整。そして頭の中で歌を歌いながら前進しているのは誰にも秘密です。微妙に頭が動いているかもしれません。モチロン目線は前(遠く)をちゃんと見ていますよ。

そして次は8の字。
セカンドで入って後輪ブレーキでスピード調整、アクセルでバランス調整。
難しそうに見えたのですが、コースに入ってみると意外に広く、教官の後をスーイスイと行けてしまいました。

今日はコケなかったし、ルンルン気分で乗っていたらあっというまに「はい、詰め所に集まって~」の声が聞こえて教習が終わりました。
モチロン、落とされなかったのは言うまでもありません。
スムースな発進・停止、急制動も忘れてなかったし。


【本日の項目】
1.車の取扱い
2.自動車の機構と運転装置の取扱い
3.運転姿勢
4.ブレーキ操作の仕方
5.発進及び停止の仕方
6.変速操作の仕方
7.安全走行
8.円滑な発進・加速
9.速度の調節
10.ブレーキ操作
11.バランスのとり方(直線)
12.バランスのとり方(曲線)
13.車両特性を踏まえた運転
14.坂道の通過
15.坂道における停止及び発進
16.オートマチック車の運転
17.教習効果の確認(みきわめ)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第1段階 3限目補習

火曜のショックは相当なものでしたが、バイクなお友達に受けたレクチャーをまとめていくと自分の悪い点がかなり見えました。
停止の操作も次は間違えずにやれそうな感じ。

昨日息抜きをしたのがよかったのか少しはリラックスできたかと思いきや、時間が近づくと心臓がドキドキしてきました。いつも食べる量の半分しか食べられへん。
今日からはおニューのヘルメットとグローブがお友達です。がんばらなくっちゃ。

配車券を出すと、ラッキーなことに初日の教官(No.36指導員。)!神に祈りが通じたのか!
となると「今日はいけるかも」と少し期待。

おまけに今日は教官が私メインについてくれました。ラッキー。
おかげでスムースな発進(Lでスタートしてすぐにセカンド)ができるようになったし、何よりも停止恐怖の呪縛から解放されました。
アクセルを少し回しながら半クラにするのが良いそう。
減速で直前にクラッチとブレーキ!! もう大丈夫です。
セカンドで停止して、停止してからLに入れる余裕も出てきました。

そして30km/hの直線。アドバイスのおかげで早い目にサードに入れられるようになったので出せました!!
教官が「ちょっと出し過ぎやなあ」と言うくらいに。

それから左折でギリギリに幅寄せの練習。
まずはニーグリップの体感ということで、教官の後ろに乗ることに。
あんなふうに左折されるとめっちゃ怖いんですけど、あれは後ろにのっているからそう思うのか、本当にそうなのかはイマイチよくわかりませんでしたが、頑張って練習しました。でもまだまだですが。

そして今日は30km/hの後、2からLに入れる予定のギアがNで止まってしまったのですが、そのままLに入らなくなり、「うわっ」と思っていたらコケました。それもまた右側に。
コケて思ったのですが、Myヘルメットはグラグラしな~い!!

そうそう、Myグローブのおかげで今日はクラッチから手が滑ることも、アクセルが勝手に回ることもありませんでした。
やはりそういうのも大事ですね。特に握力の弱い女性は。

ハイ今日はバッチリ合格いただきました。
ただ、もう少し30km/h地点で急制動のメリハリをつけた方がよいそうです。
来週月曜までお休みですが、それまでに一本橋と8の字(だっけ?)のコースも覚えないといけないそうです。
ここは落とさないように頑張りたいなあ。


【本日の項目】
1.車の取扱い
2.自動車の機構と運転装置の取扱い
3.運転姿勢
4.ブレーキ操作の仕方
5.発進及び停止の仕方
6.変速操作の仕方
7.安全走行
8.円滑な発進・加速
9.速度の調節
10.ブレーキ操作

11.バランスのとり方(直線)
12.バランスのとり方(曲線)
13.車両特性を踏まえた運転
14.坂道の通過
15.坂道における停止及び発進
16.オートマチック車の運転
17.教習効果の確認(みきわめ)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

第1段階 3限目

実は昨日から自分の悪かった点と、教官にいただいたアドバイス、それとバイクなお友達に受けたレクチャーをノートに書き留めるようにしています。
なんせまだMTに馴染めなくて。ようやくシフトの順番が頭に入ったとこです。

本日はNo.38指導員。
またまた私だけ一番経験が浅いので外周練習。
シフトチェンジが思い通りにいかないのと、思っているほど速度が出ていない模様。
距離の短い交差点コースを通って、信号待ちして、見通しの悪いところからの発進を経験しました。
Lで走行してるときは簡単に止まれるのですが(スピード出てないし、ギアチェンジしなくていいので)、やはり走ってるところからの停止が何となく怖くてもたついてしまいます。
たぶんとっさの時にバイクを支えられるかどうかが不安なのです。「転倒した時のこと」ばっかり考えているからなんでしょうね。

そして右折で一旦停止しているとき、今セカンドに入っているのかローに入っているのかがわからなくなって「うわっどっちやっけ?うわうわっ」と思っている間に、クラッチが外れてコケてしまいました。
先に体が逃げてくれたので、下敷きにはなりませんでしたが、また右側にコケたので起こすのが大変。
まずサイドスタンドを起こしに行って、それからよっこいしょ。
なかなかうまく起こせません。左なら何とか起こせるのに。くやしい~

長い直線でもなかなか3に入れられず、頑張っても25km/hしか出せません。何やろ、自分ってこんなに怖がりやったけ?

てなことで「初補習」いただきました。
やっぱりね・・・今日の教官は特に厳しそうだったし。
私以外はちょっとテクニックの必要な項目に入っているので、放牧時間が多いのがだいぶん悲しいけど。
もう少し高くてイイからマンツーマンがいいのに、とか思ってみる。

ま、他が女性で自分だけがそうだったらもっと凹むけど、周りが男性、それも先に進んでる人ばかりなのでそのあたりのジレンマはないです。

あまりのショックで、バイクな友達に疑問点を徹底追及。
”ブレーキかエンブレで速度を落として、止まりきる前にクラッチ切ってブレーキをキュッとかけて停止”という回答をもらって納得。
「止まったときに間違ってたら、バイクこかすんちゃうか?」と思ってトラウマになっていたようです。

あと家で運転教本をしっかり読んだら、思いっきり「加速の悪い例」に書かれている通りの動作してるし~。
思いっきり反省。

疑問が解けたら一刻も早く乗りたくなってきましたが、あいにく明日は授業が入っていません。


【本日の項目】
1.車の取扱い
2.自動車の機構と運転装置の取扱い
3.運転姿勢
4.ブレーキ操作の仕方
5.発進及び停止の仕方
6.変速操作の仕方
7.安全走行
8.円滑な発進・加速
9.速度の調節
10.ブレーキ操作

11.バランスのとり方(直線)
12.バランスのとり方(曲線)
13.車両特性を踏まえた運転
14.坂道の通過
15.坂道における停止及び発進
16.オートマチック車の運転
17.教習効果の確認(みきわめ)

| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

おきごんどう

Author:おきごんどう
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
小忍者出動記 (40)
日々徒然 (60)
普通二輪教習 (26)
バイクネタ (10)
大型二輪教習 (17)
小忍者グッズ・いじり系 (11)
小忍者情報 (3)
小忍者燃費 (2)
バイクグッズ (9)
バイク維持費 (4)
小忍者 (4)
バイクイベント (2)
マジェくんグッズ・いじり系 (6)
マジェくん (6)
マジェくん出動記 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。